Hazlo!

ジュニアサッカーについても考える指導者ブログ

インテル長友選手 ガラタサライへ移籍

 

 

W杯に向けた前向きな決断とは言え、少し残念。

 

 

インテルで8季。

 

 

 

W杯前に環境を変えることの怖さもあるはず。

 

 

 

それでも、前に進もうとする姿は、ふつうにカッコいいです。

 

 

 

 

ガラタサライでも頑張って欲しいです!

きょうはオフ 息子のサッカーを観戦

先週の大雪で、グラウンドにまだ雪が残っていました。そのため、きょうのトレーニングは中止。

どうやら、今週末は同じみたいです。

 

 

いきなりオフになってやることもなかったので、久しぶりに息子のサッカーについてきました。

 

きょうは横浜でのサッカー大会に参加。

ここは、グラウンドの復帰が間に合ったようです。

 

(整備してくださった方々、ありがとうございました。)

 

f:id:take_caffee:20180127132434j:image 

 

 

大会参加チームは、横浜 F・マリノス プライマリー、江南南などの面々。

 

 f:id:take_caffee:20180127181715j:image

 

 

 

いずれも、しっかりしたチームばかりです。

 

 

 f:id:take_caffee:20180127182520j:image

 

 

自信を持って堂々とプレーする選手たちばかり。驚かされます。

 

 

 f:id:take_caffee:20180127182515j:image

 

 

 

選手同士がしっかりコミュニケーションしながらゲームを進めてました。

 

 

 f:id:take_caffee:20180127182537j:image

 

 

 

 

 

ついつい、いつもの目線で観てしまいましたが、我が子の応援もちゃんとできました。

  

 

普段なかなか来られないので、たくさん写真を撮りました〜 笑

 

 

試合前にみんなで気合いを!

 

f:id:take_caffee:20180127181744j:image

 

 

試合の中でチームメイトとコミュニケーション!

 

 

 

 f:id:take_caffee:20180127181759j:image

 

 

 

 

 f:id:take_caffee:20180127181755j:image

 

 

 

1つ上の学年のチームに混じっているので少し苦労してる感じもありましたが、その分やりがいも感じたんじゃないかなと思います。 

 

 

明日からもがんばれーーーー!!!

 

【サッカー】選手たちがスタメンを決める

練習試合に限っていますが、私はスタメンや交代を子供たちに任せることがあります。

その際、条件を2つ付けています。

 1.勝つことを目指す

 2.出場時間は全員均等

 

 

私が指導するチームは、小学校がベースになっていないため、子供たちの通う学校はバラバラです。したがって、顔を合わせるのはチームの活動に限られます。

 

 

 

子供たちに任せる目的は3つあります。

 

■自分たちで問題を解決する機会を増やす

通う学校がバラバラなので、選手同士が触れ合う時間が限られます。少ない時間でお互いを知るには、話す機会を少しでも増やした方が良いと思いました。

 

しかし、ただ話をすれば良いのではなく、意見を交わし結論までたどり着くことが大事です。

その題材として、試合のスタメンを話し合って決めてもらうことにしています。

 

選手同士で話をしていると意見に折り合いがつかず、時にはケンカすることもあります。しかし、選手みんなで話し合って結論を出すとても大事な経験です。私は、ケンカも見守ることにしています。

 

■お互いの個性や考えを理解し合う

スタメンを考える際に2つの条件があることをお伝えしました。

 1.勝つことを目指す
 2.出場時間は全員均等

 

この条件があることにより、選手はチームメイトの個性を理解し合い、役割分担や個々の強み弱みをどう補完し合うかを考えなければなりません。自然に「チーム」を意識した会話へと発展していきます。

 

■私自身が選手の個性を理解する

子供同士のやり取りは、私には選手を知るための大事な情報源の1つです。一人ひとりの価値観や性格、誰と誰が仲が良いとか、チーム内のパワーバランスなど、さまざまなことが見えてきます。

 

はじめは、さすがに戸惑っていました。言い争いになり、「コーチが決めてよ〜」と放り出すこともありました。

でも、自分たちで上手くやるようになるんです。結論が出るまでに時間はかかるかもしれないですが、これも大事なトレーニングと位置付けています。

 

 

 

いずれはピッチ上でも意見を出し合い、その場で問題解決できる選手たちになってくれることを期待して見守ってます。

 

【サッカー】なぜリフティングさせるのか?

サッカーをやってるとリフティングを練習させられます。私もやりました。

 

コーチは、どうしてリフティングをさせるんですかね?何のためにやるんだろう?

 

子供たちにこう質問すると、ちゃんと答えられる子はほぼいないです。分からないまま、回数を目標にしているの子がほとんどのように思います。

 

 

実際にリフティングを練習することで得られることは色々あります。

・体の色々な場所でボールの芯をとらえる

・浮き球をコントロールする

体幹やボディバランスを身につける

 

他にも、集中力が身につく、脳に良い、などと言われることがあります。

 

私も、リフティングを練習に取り入れています。ただ、リフティングを教えることはしません。

 

トレーニングの目的は、あくまでサッカーが上達することです。さらに言うと、サッカーの試合で活かせる技術を身につけることが、最終目的です。

 

じゃあ、練習にどう取り入れるのか?

 

たとえば、ボールを運ぶトレーニングとして、子供たちにリフティングをさせます。

 

ただリフティングするよりも、意識するポイントは明らかになります。

 

・運びたい方向に向かうための足の使い方

・ボールを蹴り上げる高さ

・運ぶスピード

・タッチ数

 

リフティングも、目的を置くことでまったく異なるトレーニングになります。また、トレーニングの発展のさせ方も変わってきます。

指導するポイントもクリアになり、アドバイスや声がけも具体的になります。

 

今回は分かりやすくリフティングを例えにしましたが、あらゆるトレーニングに言えることです。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

湘南ベルマーレ 曹監督から学ぶもの

 

湘南・曹監督、清宮父との交流で得た指導観。「主将は決めない」。就任7年目の初挑戦

フットボールチャンネル)

https://www.footballchannel.jp/2018/01/24/post252589/

 

曹監督の、良いと思うことは真似る、という姿勢はやろうと思ってもなかなかできるものじゃない。ましてやプロの世界で。

 

また、真似る前にとことん考え抜いているという事も見落としてはいけない。

 

他人の意見や考えを謙虚に受け止め、自分の考えに取り入れる柔軟さは、学ぶ姿勢として大切にしたい。

 

都内4年ぶりの大雪

4年ぶりの大雪でした。

昨日の昼くらいから降りはじめて、夜の12時まで降ってました。

 

都内の積雪は26センチだったみたいです。

たくさん降りました。

 

至るところに雪かきした雪が積まれてます。

f:id:take_caffee:20180123135503j:image

 

昨日の帰宅時は、渋谷駅や新宿駅で入場規制されるなど、交通機関が大きく乱れました。

でも、今朝は、ほとんどが平常に回復してます

山手線など通勤利用が多い主要路線は、朝から平常運行でした。

 

あと、昨晩は品薄だったコンビニもいつも通り。朝から宅急便も動いてるようでした。

 

都心は雪に弱いとよく言われますが、復旧は速さは驚くほどの速さです。

 

裏では、多くの方々が迅速に対応してくれているおかげなんだと思います。

 

本当にありがたいです。

キャプテン翼 放送スタート!

2018年4月から、キャプテン翼がTV東京系列ではじまるらしいです!

 

これはビッグニュース!

 

ポータルサイトが立ち上がっていて、そこでPVも公開されてます。

思わず鳥肌が立ってしまいました〜 笑

 

息子やいまのサッカーキッズとも世代を超えて、キャプテン翼の話ができるのは嬉しいですね!

 

ポータルサイト

http://ball-ha-tomodachi.com

 

プロモーションビデオ

https://www.youtube.com/watch?v=uUK4zTkcz1U&sns=em